企業理念

ご挨拶

当社は、1951年香辛料輸入を開始し創業しました。
1965年、麦茶はやかんで煮出しした後、さましてから冷蔵庫で冷やして作っていた時代に、「水にポンと入れるだけでOK」 をキャッチフレーズに水で簡単にできる水出し麦茶パック「フジミネラル麦茶」を世界で始めて開発、発売しました。発売当初は、水道水がまだおいしくなかった時代で、水で作る麦茶が受け入れられず販売は伸びませんでしたが、その後宣伝販売、テレビコマーシャル放映で認知度が増すとともに販売数が増え多くのスーパー、量販店で取扱いとなり、たくさんのお客さまの支持をいただくようになり今日にいたっております。今では当社製品を始めとした水出し麦茶パックが麦茶市場の大半を占めるようになりました。
「ビーフジャーキー」は、アメリカの開拓史時代に端を発する保存食で輸入品が主流でしたが、即席麺用具材製造で培った技術を応用し、醤油味 ベースの調味液で味付けし桜材で燻煙した、日本人が食べておいしいビーフジャーキーをテーマに開発し販売しております。
 
「おいしく元気に」 
日本人が長生きなのは、和食・洋食・中華といった世界中のいろいろなメニューをとりいれ、いろいろな食材を食べているからといわれています。食材はお茶に加工することで、さらに、いつでも・手軽に・おいしく体に取り入れられるものがあります。健康茶の主力商品となっているごぼう茶は、日本人になじみのある食材であるごぼうの栄養成分が注目されている皮の部分を当社の茶加工技術を用いて、乾燥、焙煎、粉砕しパック包装したもので、ごぼう茶のトップブランドとして認知されるようになっております。
 
少子高齢化時代を迎え健康への関心がさらに高まっています。
石垣食品は、おしいく健康に、をモットーにお客様がまた買いたいと思っていただける良い新食品を開発・製造・販売することにチャレンジし続けてまいります。

Scroll Up