2003年のコマーシャル

1996年以来、”毒消しはいらんかね〜”というキャッチコピーの
「四季グラス編」をお送りして参りましたが、フジミネラル麦茶のリニューアルに合わせ、
この春から2タイプの新しいCMの放映が開始されました。

お馴染みのメロディと松島トモ子さんは健在ですが、
それぞれこれまでの当社のCMとは違った味付けとなっております。


@「増量・天使」編
<ストーリー>
 天使の松島トモ子さん、退屈な日々を楽しくするため、いい事を思いつきます。その”いい事”とは?

<見どころ>
 松島さんが「天使」という、これまでの当社CMとは全く異なるイメージで登場します。また当社CMで初めて、制作にふんだんにCGが導入されていることも見どころです。
 また天使という役どころに当たり、松島さんご本人より「かわいく撮ってね」との要望を頂き、”かわいいイメージ”をテーマに制作が行われました。


A「かわらない」編
<ストーリー>
 慌ただしく流れる日々の中、街の景色も大きく変わっていく現代。だからこそ、安心できるのは変わらないもの、そうミネラル麦茶です!ところがどうも今年は様子が違うようです。

<見どころ>
 「天使編」に比べ、比較的オーソドックスな作りです。
しかし、いつもなら淡々と流れる松島さんの語りも、今年はちょっ違うのです。
 なお、撮影の舞台となっているのは東京日本橋。路面電車すら走っている過去と、見違える程変わった現在の姿を見比べて見てください。


コマーシャル制作者


制作広告会社 : 株式会社東亜企画

制作プロダクション : 石垣プロダクション

編集プロダクション : 株式会社ビデオレック




トップへ
戻る