石垣食品株式会社について

石垣食品について

ABOUT US

Ishigaki Foods

石垣食品について

ABOUT US

企業理念

PHILOSOPHY

私たちは、
お客様が買ってよかった、また買いたいと思っていただける食品を
開発・製造・販売し続けることを使命とし、
お客様、会社に関わる方へ感謝の気持ちと謙虚な気持ちを持ち、
社員全員で協力しあい、使命を達成します。

ご挨拶

石垣食品株式会社 代表取締役会長 石垣裕義 当社は、1951年香辛料輸入を開始し創業しました。
1965年、麦茶はやかんで煮出しした後、さましてから冷蔵庫で冷やして作っていた時代に、「水にポンと入れるだけでOK」 をキャッチフレーズに水で簡単にできる水出し麦茶パック「フジミネラル麦茶」を世界で始めて開発、発売しました。発売当初は、水道水がまだおいしくなかった時代で、水で作る麦茶が受け入れられず販売は伸びませんでしたが、その後宣伝販売、テレビコマーシャル放映で認知度が増すとともに販売数が増え多くのスーパー、量販店で取扱いとなり、たくさんのお客さまの支持をいただくようになり今日にいたっております。今では当社製品を始めとした水出し麦茶パックが麦茶市場の大半を占めるようになりました。
「ビーフジャーキー」は、アメリカの開拓史時代に端を発する保存食で輸入品が主流でしたが、即席麺用具材製造で培った技術を応用し、醤油味 ベースの調味液で味付けし桜材で燻煙した、日本人が食べておいしいビーフジャーキーをテーマに開発し販売しております。

「おいしく元気に」
日本人が長生きなのは、和食・洋食・中華といった世界中のいろいろなメニューをとりいれ、いろいろな食材を食べているからといわれています。食材はお茶に加工することで、さらに、いつでも・手軽に・おいしく体に取り入れられるものがあります。健康茶の主力商品となっているごぼう茶は、日本人になじみのある食材であるごぼうの栄養成分が注目されている皮の部分を当社の茶加工技術を用いて、乾燥、焙煎、粉砕しパック包装したもので、ごぼう茶のトップブランドとして認知されるようになっております。

少子高齢化時代を迎え健康への関心がさらに高まっています。
石垣食品は、おしいく健康に、をモットーにお客様がまた買いたいと思っていただける良い新食品を開発・製造・販売することにチャレンジし続けてまいります。

石垣食品株式会社 代表取締役会長 石垣 裕義

会社沿革

HISTORY
昭和32年10月
前代表取締役石垣敬義が資本金100万円で設立し、食料品の輸出入および製造販売の業務を開始いたしました。
昭和33年10月
石垣式食品殺菌法を考案し、無菌香辛料を開発、製造販売を開始いたしました。
昭和37年 2月
千葉県船橋市三山町に工場用地約300坪を取得いたしました。
昭和39年 6月
同上地に船橋工場を建設し、無菌香辛料等の製造販売を開始いたしました。
昭和40年 6月
濃縮水出し麦茶を完成し”ミネラル麦茶”と命名して製造販売を開始いたしました。
昭和50年 1月
スナックめん用の乾燥ナルト、乾燥カマボコを開発し、製造販売を開始いたしました。同じく12月乾燥油揚を開発し、製造販売を開始いたしました。
昭和53年 3月
スティックコーヒーの製造特許が米国において認可されました。
昭和53年 4月
スナックめん用乾燥焼豚の保存方法を開発し、製造販売を開始いたしました。
昭和54年 3月
スティックコーヒーの製法特許を国内に出願し、製造販売を開始いたしました。
昭和54年 4月
スティックレモンティー・スティックミルクティーを開発し、製造販売を開始いたしました。
昭和55年 2月
インスタント茶の製法特許を国内に出願いたしました。
昭和57年 2月
同上の製法によるインスタント紅茶を生産し、同年10月よりサントリー株式会社等より発売されました。
昭和57年 4月
上島珈琲株式会社等からの注文により、スティックコーヒーの生産が急増いたしました。
昭和57年 8月
胚芽入焼菓子の製法特許が認可されました。
昭和58年10月
スマイル株式会社を吸収合併し、同社工場を以降当社浮間工場といたしました。
昭和59年 4月
東京都千代田区九段北に本社ビルを購入し、本社を移転し、これにともない研究設備の拡充をみました。
昭和59年12月
ウーロン茶の製造販売を開始いたしました。
昭和60年11月
社団法人日本証券業協会に株式を店頭登録されました。(資本金1億5,075万円)
昭和61年12月
千葉県香取郡多古町に成田空港工場を建設いたしました。
昭和62年 8月
日清製粉株式会社へ第三者割当し増資しました。(資本金4億1,325万円)
昭和63年 3月
千葉県香取郡多古町の成田空港工場を拡張いたしました。
平成元年 8月
浮間工場を廃止し、成田空港工場へ統合いたしました。
平成 3年 1月
中華人民共和国山東省に合弁会社ウェイハン石垣食品有限公司を設立いたしました。
平成 4年 1月
同工場にて加熱加工牛肉の生産を開始いたしました。
平成 5年 2月
中華人民共和国山東省に独資会社チンタオ石垣食品有限公司を設立いたしました。
平成 8年 7月
同工場にて畜産加工品の生産を開始しました。
平成16年12月
日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場いたしました。
平成17年12月
ウェイハン石垣食品有限公司を100%子会社化いたしました。
平成21年1月
チンタオ石垣食品有限公司を譲渡いたしました。
平成21年1月
本社ビルを売却いたしました。
平成21年3月
船橋工場を廃止し、成田空港工場へ統合いたしました。
平成21年7月
本社を移転いたしました。
平成22年4月
ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現 大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場いたしました。
平成22年6月
株式会社神戸物産、高島順氏へ第三者割当し増資いたしました。(資本金4億6,275万円)
平成24年6月
減資いたしました。(資本金3億円)
平成25年3月
東京都千代田区飯田橋に本社を移転いたしました。
平成25年7月
東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場いたしました。
平成25年10月
単元株式数を変更いたしました。(1単元100株)
昭和32年10月
前代表取締役石垣敬義が資本金100万円で設立し、食料品の輸出入および製造販売の業務を開始いたしました。
昭和33年10月
石垣式食品殺菌法を考案し、無菌香辛料を開発、製造販売を開始いたしました。
昭和37年 2月
千葉県船橋市三山町に工場用地約300坪を取得いたしました。
昭和39年 6月
同上地に船橋工場を建設し、無菌香辛料等の製造販売を開始いたしました。
昭和40年 6月
濃縮水出し麦茶を完成し”ミネラル麦茶”と命名して製造販売を開始いたしました。
昭和50年 1月
スナックめん用の乾燥ナルト、乾燥カマボコを開発し、製造販売を開始いたしました。同じく12月乾燥油揚を開発し、製造販売を開始いたしました。
昭和53年 3月
スティックコーヒーの製造特許が米国において認可されました。
昭和53年 4月
スナックめん用乾燥焼豚の保存方法を開発し、製造販売を開始いたしました。
昭和54年 3月
スティックコーヒーの製法特許を国内に出願し、製造販売を開始いたしました。
昭和54年 4月
スティックレモンティー・スティックミルクティーを開発し、製造販売を開始いたしました。
昭和55年 2月
インスタント茶の製法特許を国内に出願いたしました。
昭和57年 2月
同上の製法によるインスタント紅茶を生産し、同年10月よりサントリー株式会社等より発売されました。
昭和57年 4月
上島珈琲株式会社等からの注文により、スティックコーヒーの生産が急増いたしました。
昭和57年 8月
胚芽入焼菓子の製法特許が認可されました。
昭和58年10月
スマイル株式会社を吸収合併し、同社工場を以降当社浮間工場といたしました。
昭和59年 4月
東京都千代田区九段北に本社ビルを購入し、本社を移転し、これにともない研究設備の拡充をみました。
昭和59年12月
ウーロン茶の製造販売を開始いたしました。
昭和60年11月
社団法人日本証券業協会に株式を店頭登録されました。(資本金1億5,075万円)
昭和61年12月
千葉県香取郡多古町に成田空港工場を建設いたしました。
昭和62年 8月
日清製粉株式会社へ第三者割当し増資しました。(資本金4億1,325万円)
昭和63年 3月
千葉県香取郡多古町の成田空港工場を拡張いたしました。
平成元年 8月
浮間工場を廃止し、成田空港工場へ統合いたしました。
平成 3年 1月
中華人民共和国山東省に合弁会社ウェイハン石垣食品有限公司を設立いたしました。
平成 4年 1月
同工場にて加熱加工牛肉の生産を開始いたしました。
平成 5年 2月
中華人民共和国山東省に独資会社チンタオ石垣食品有限公司を設立いたしました。
平成 8年 7月
同工場にて畜産加工品の生産を開始しました。
平成16年12月
日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場いたしました。
平成17年12月
ウェイハン石垣食品有限公司を100%子会社化いたしました。
平成21年1月
チンタオ石垣食品有限公司を譲渡いたしました。
平成21年1月
本社ビルを売却いたしました。
平成21年3月
船橋工場を廃止し、成田空港工場へ統合いたしました。
平成21年7月
本社を移転いたしました。
平成22年4月
ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現 大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場いたしました。
平成22年6月
株式会社神戸物産、高島順氏へ第三者割当し増資いたしました。(資本金4億6,275万円)
平成24年6月
減資いたしました。(資本金3億円)
平成25年3月
東京都千代田区飯田橋に本社を移転いたしました。
平成25年7月
東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場いたしました。
平成25年10月
単元株式数を変更いたしました。(1単元100株)

TEL :03-3263-4444

お問い合わせ

pagetop

ISHIGAKI FOODS CO.,LTD.

石垣食品コラム

Copyright (C) ISHIGAKI FOODS CO.,LTD. All Rights Reserved.

Copyright (C) ISHIGAKI FOODS CO.,LTD. All Rights Reserved.